【手作りケーキのレシピ,お菓子の作り方】

おさびし山のホームメードケーキ
おさびし山のホームメードケーキ
メンバー用ページメンバー特典のご紹介
Home ケーキレシピ 過去のコラム 道具専科 カロリー計算 What's New 自己紹介 リンク
 
Google
 
Web www.osabishi.jp
インフォメーション
 
  • コラムに「桜にちなんで」を再掲載しました。
  • ケーキレシピに、生キャラメルをのせています。作り方は簡単ですが、ひたすらかき混ぜ続ける根気が必要です。でも話題のあの生キャラメルにも劣らない、とてもおいしい生キャラメルができますので、ぜひ作ってみてください。冷やしていただくのが、おすすめ!
  • 姉妹サイトのおさびし山ファームができました!
 生キャラメル
 
     
家で作るケーキやお菓子は、まず手軽にできること。そして作る人と食べる人がハッピーになれることが大切だと、私達は考えます。そんな楽しさを多くの方に味わっていただけるように、アイデアあふれるオリジナルのケーキレシピや、ユニークな材料を使ったケーキのレシピ、お菓子の作り方をご紹介しています。くわしくはケーキレシピをご覧ください。

さらにメンバーになっていただくと、初心者の方からかなり作れる方まで楽しんでいただける、いくつかのコースをご利用いただけます。たとえばケーキ・お菓子作りの基礎から学べる「初心者コース」。基礎から応用へ向かう「ステップアップコース」など。もしわからないときには、メールで気軽にお問い合わせいただけます。
詳しくはメンバー特典のご紹介のページで!

ケーキを作るときのちょっとしたコツや雑学、その他飲食関係を中心に、なるほどというお話や情報を幅広く集めたコラムをのせています。毎月さまざまな内容についてお伝えしていきますのでご期待ください。
以前の記事は過去のコラムにあります。


 ・お菓子・パン作りの総合サイトcotta 専門店ならではの豊富な品揃え!購入者の生の声も参考になります。
 ・LeTAOのドゥーブルフロマージュ デパートの北海道展でも人気のチーズケーキです。
 ・食後のガトーショコラは衝撃の66kcal!!「ローカロ生活」へGO! おいしくてローカロリーの食品がたくさん。
 


コラム  
  桜にちなんで  
 

もうとっくに桜は散ってしまったところもあれば、これから咲くというところもあるでしょう。南北に長い日本では、盛りの短い桜はつぎつぎと場所を移しながら咲いていきます。
咲き際のあざやかさと、散り際のいさぎよさが日本人の性格にあっているのかもしれません。貴族の世から武士の世を経て現在にいたるまで、常に日本人にもっとも好まれてきた花と言えるでしょう。

ところで桜は見るだけでなく、結構食べる機会も多いものです。最もよく食べるのは、実であるさくらんぼですね。夏に山形あたりに行くと、低い木にたくさんなっているのを見かけます。また葉は、塩漬けにして桜餅に巻きます。

桜餅といえば、関東と関西で違うのはご存知ですか。もともとは江戸時代に向島の長命寺の人が考えたそうで、関東がルーツのようです。小麦粉にもち米を砕いた寒梅粉という粉を混ぜて焼き、それであんを巻いて、塩漬けにした桜の葉でくるみます。
関西の桜餅は、精白したもち米を蒸して乾燥させ粉にした道明寺粉を使います。ちなみに道明寺とは河内にある尼寺で、昔の携帯食であった干飯(ほしいい)のよいものを作るので有名だったそうです。
その後和菓子の原料として干した米の粉が使われるようになると道明寺粉と呼ばれるようになりました。
お店で売っている桜餅は、関西風のものが多いようです。なかにはプラスチックの桜の葉を巻いてあるものもありますが、あの葉の塩漬けの塩辛さと独特の香りがないと桜餅とは呼べませんよね。

桜の花も料理などに時々使います。これも塩漬けで、お店でびんに入って売っています。ご紹介しているムースにも、桜の花の塩漬けをあしらってみましたが、結納に飲む桜湯(八重桜の花の塩漬けにお湯を注いだもの)にも使いますし、おこわなどに入れてもいいですね。

桜は見るだけでなく、花も葉も実もすべて食用になっていて、やはり日本人には一番身近な植物といえるのかもしれません。

《このコラムは以前掲載したものを再掲載しています》

 
     

メール
ご意見,ご感想をお気軽にお寄せください。

   
  おさびし山ファーム アクセスカウンター

企画・制作 フェリス・コンダクツ
Copyright (R) 1999-2022 Ferris Conducts&Kaoru, All rights reserved.